両立に欠かせない制度を知っておこう

育児と仕事両立できます!

当サイトについて

知っておきたい制度や法律

育児と仕事を両立するためには会社の協力は必要不可欠です。しかし会社も利益を出さなければいけませんし、そのためには人をしっかりと使わなければなりません。会社が回らなくなってしまうと従業員の生活も回らなくなってしまいます。そこで育児と仕事の両立ができるように法律が間に入って従業員と会社が上手に折り合いをつけられるように制度を作っています。育児休業やその他様々な育児を助けてくれる制度はしっかりと理解しておきましょう。

男女関係なく取得可能!育児休業

男女関係なく取得可能!育児休業

育児休業は育児・介護休業法の法律に基づいて定められている子供を養育するための休暇をもらうことができる制度です。育児休業は法律で定められている制度であるため、条件を満たすことによって会社は申請を拒否することができません。そのため男性も女性も育児休業を取得することができます。育児休業は仕事と育児を両立するための基本とも言える制度ですので、申請の仕方や自分が休暇を取得することのできる対象者であるかどうか判断できるようにしておきましょう。

続きを読む

条件を確認して利用したい!時短勤務

条件を確認して利用したい!時短勤務

子供が熱を出したりすれば早く帰らなければならないなど、子供に何かあったことを考えるとなかなか以前と同じように働くことが難しくなります。例えば保育所の預かり時間を今まで同じ働き方では毎日過ぎてしまうなど、職場復帰をすることが難しいという結論になってしまうこともあります。そこでぜひ活用したい制度が短時間勤務制度です。短時間勤務制度はフルタイムより短い勤務時間で働くことのできる時短勤務を可能にしてくれます。時短勤務をするために必要なことを知りましょう。

続きを読む

負担軽減につながる!様々な免除制度

負担軽減につながる!様々な免除制度

産後休業や育児休業で仕事を離れて育児に専念することが可能ですが、育児休業を取得し終えると職場復帰をすることになります。職場復帰をしてからは生活リズムの変化や自分の目の届かないところに子供を預けている不安などから心身に負担がかかりますので、働き方にある程度制限してもらうことが役に立ちます。職場復帰をしてからはこのように働く時間に制限をつけてもらうなどの様々な免除制度がありますので、育児との両立を考えて活用しましょう。

続きを読む

実は知られていない!子の看護休暇

実は知られていない!子の看護休暇

育児・介護休業法に定められている特別な休暇として子の看護休暇という制度があります。まだまだ認知度が低いですが知っておくことでとても楽になる制度です。子供は小さいころ頻繁に熱が出たりしてしまい、急遽病院に連れていくために会社を休まなければならないことはよくあることです。こういった子供が病気や発熱などの看護を必要とする状態の際に、休むことの権利をもらうことができるものが子の看護休暇です。有事の際に知っておきたい子の看護休暇制度について理解しておきましょう。

続きを読む

両立に悩む女性におすすめの記事!

  • 女性におすすめ!仕事の探し方
    女性におすすめ!仕事の探し方

    職場によって仕事と育児の両立のしやすさは大きく異なります。育児に対して協力的な職場でなければ両立はかなり難しくなってしまいますので、協力的な職場の探し方を知っておきましょう。

    続きを読む
  • 男女関係なく取得可能!育児休業
    男女関係なく取得可能!育児休業

    育児休業は男性も女性も条件を満たしていれば誰でも取得することのできる休暇です。育児休業の取得は仕事と育児の両立の基本ですのでしっかりと押さえておきましょう。

    続きを読む
  • 目が離せない!0歳~3歳の育児の苦労
    目が離せない!0歳~3歳の育児の苦労

    0歳から3歳の育児は我が子のとても可愛らしい姿を見ることもできますが、その分目が離せない頃なのでとても苦労が多い時期です。0歳から3歳の育児の苦労を紹介します。

    続きを読む
特集メニュー