認知度は低いが両立のために知っておくべき子の看護休暇制度

育児と仕事両立できます!

当サイトについて
実は知られていない!子の看護休暇

実は知られていない!子の看護休暇

育児・介護休業法に定められている特別な休暇として「子の看護休暇」があります。意外と知らない人が多く、まだまだ認知度の低い制度ですが、子の看護休暇は子供が病気や怪我をした場合や定期健診などのために労働者が休みを取れる制度です。子供は小さい頃よく熱を出したりするため、仕事と両立するために知っておくべきです。

子の看護休暇とは

看護休暇とは

子の看護休暇は保育園や幼稚園などに通っている小学校就学前の子供が、病気や怪我などの理由で看護が必要な時に養育者が休みを取得することのできる制度です。子の看護休暇は厚生労働省の定める育児・介護休業法で制定されており、会社に申請することで1年間に5日間の休暇を取得することができます。子供が2人以上いる場合には10日取得できます。

取得対象者

取得対象者

子の看護休暇は誰しもが取得することができるものではありませんが、日雇い労働者を除くすべての労働者が取得する対象者となっています。そのため多くの人が取得することができますが、日雇い労働者以外にも週に2日以下の所定労働時間の場合や雇用期間が連続して6ヶ月未満の短期の雇用契約であれば対象外となってしまいます。対象外となる場合を除けば、法律で定められた労働者の権利となるため就業規則に記載がなくても取得することができます。逆に取得を拒否されたり出勤を強要される場合は、会社が育児・介護休業法違反となります。

有給休暇との違い

有給休暇との違い

年次有給休暇は会社側から休まれると困る繁忙期などに有給休暇の取得をずらしてもらうなどの、会社に時季変更権があります。繁忙期に休まれると困る会社が多いので、会社の経営を守るために時季変更権が存在しています。しかし子の看護休暇には会社が時季変更権を持たないため、有給休暇と違いいつでも取得することが可能です。
子の看護休暇は有給休暇とは違い、給料の保障が法律で定められていません。そのため有給休暇は休んでも給与を取得できますが、子の看護休暇では有給か無給かは会社によって異なります。法律によって決められていないため、無給としているところが現在はほとんどとなっています。

健診などでも取得可能

健診などでも取得可能

子の看護休暇は子供の病気や発熱といった有事の際だけではなく、定期健診であったり予防接種などへ連れていく場合にも取得することができます。健診は市の仕事でもあることから平日に行われることが多いですので、子の看護休暇を取得して定期健診へ連れていくことができます。予防接種も疾病の予防を図るために必要な世話として制度で認められていますので、予防接種に連れていくことを目的として取得することが可能です。

両立に悩む女性におすすめの記事!

  • 女性におすすめ!仕事の探し方
    女性におすすめ!仕事の探し方

    職場によって仕事と育児の両立のしやすさは大きく異なります。育児に対して協力的な職場でなければ両立はかなり難しくなってしまいますので、協力的な職場の探し方を知っておきましょう。

    続きを読む
  • 男女関係なく取得可能!育児休業
    男女関係なく取得可能!育児休業

    育児休業は男性も女性も条件を満たしていれば誰でも取得することのできる休暇です。育児休業の取得は仕事と育児の両立の基本ですのでしっかりと押さえておきましょう。

    続きを読む
  • 目が離せない!0歳~3歳の育児の苦労
    目が離せない!0歳~3歳の育児の苦労

    0歳から3歳の育児は我が子のとても可愛らしい姿を見ることもできますが、その分目が離せない頃なのでとても苦労が多い時期です。0歳から3歳の育児の苦労を紹介します。

    続きを読む
特集メニュー