育児休業は育児と仕事の両立にとても重要

育児と仕事両立できます!

当サイトについて
男女関係なく取得可能!育児休業

男女関係なく取得可能!育児休業

仕事と育児を両立するために知っておきたい制度の一つである育児休業は、子供が1歳になるまで休業をすることのできる制度です。育児休業給付金を得ることができたりと、仕事と育児の両立にはとても役に立つ制度を知りましょう。

育児休業とは

育児休業とは

育児休業は育児・介護休業法という法律に基づいて定められている子供を養育することのできる休業です。育児休業は法律で定められた制度であり、条件を満たすことによって申請をして取得することができます。子供をお世話している家族や同居している場合でも育児休業を取得することができます。育児休業を取得できる回数は原則的に1人の子供に対して1回となっています。
育児休業は育児休暇とも呼ばれていますが、育児休暇は育児のために休暇を取るという意味で使われる一般名称です。制度上は育児休業と定められており、育休と略されることもありますが育休は育児休業のことを指して使われます。

取得条件

取得条件

育児休業は男女関係なく取得することができるため、女性に限らず男性も取得することが可能です。そして正社員に限らず派遣や契約社員といった期間が限定されている雇用形態でも取得することができます。しかし正社員と期間雇用である場合にはそれぞれ取得する条件が違うため、自分の雇用形態に合わせて取得条件を知っておきましょう。
正社員の場合は同一事業主の元で1年以上勤務していること、そして1週間に3日以上勤務していることが取得条件となります。
期間雇用の場合であれば、同一事業主で1年以上働いており、1週間に3日以上勤務していることと、正社員と同様の条件があります。これに加えて、子供が1歳6ヶ月になるまでに契約期間が満了することが明らかでないことと、契約が更新される場合には更新後の契約期間が子供が1歳6ヶ月になるまでに満了することが明らかではないことが条件となります。

育児休業の期間

育児休業の期間

育児休業の期間は基本的に子供が1歳になる前日までに本人が希望する期間となります。そして女性であれば産後休業終了日の翌日から取得可能で、男性の場合は子供が誕生した日から取得することができるようになります。
そして原則としては子供が1歳になるまでが育児休業の取得期間となりますが、保育所への入所を希望しているが入所できない場合と、配偶者の死亡や負傷などのやむを得ない事情により子供の養育が困難となった場合には1歳6ヶ月まで延長して取得することができます。

育児介護休業の実務と手続き (平成29年1月改正施行対応)

育児介護休業の実務と手続き (平成29年1月改正施行対応)

育児休業について深く知りたい方や取得に関する実務的なことを知りたい場合に参考となる「育児介護休業の実務と手続き」はとても参考になるので、取得を考えている人は一度読んでおくことをおすすめします。

両立に悩む女性におすすめの記事!

  • 女性におすすめ!仕事の探し方
    女性におすすめ!仕事の探し方

    職場によって仕事と育児の両立のしやすさは大きく異なります。育児に対して協力的な職場でなければ両立はかなり難しくなってしまいますので、協力的な職場の探し方を知っておきましょう。

    続きを読む
  • 男女関係なく取得可能!育児休業
    男女関係なく取得可能!育児休業

    育児休業は男性も女性も条件を満たしていれば誰でも取得することのできる休暇です。育児休業の取得は仕事と育児の両立の基本ですのでしっかりと押さえておきましょう。

    続きを読む
  • 目が離せない!0歳~3歳の育児の苦労
    目が離せない!0歳~3歳の育児の苦労

    0歳から3歳の育児は我が子のとても可愛らしい姿を見ることもできますが、その分目が離せない頃なのでとても苦労が多い時期です。0歳から3歳の育児の苦労を紹介します。

    続きを読む
特集メニュー