育児と仕事の両立に役立つ免除制度

育児と仕事両立できます!

当サイトについて
負担軽減につながる!様々な免除制度

負担軽減につながる!様々な免除制度

産後休業や育児休業によって仕事を離れて育児をするために専念することができますが、それも子供が1歳になるまでが期間となります。そのため1歳を超えてから仕事を始める場合には職場復帰をすることになりますが、子供が生まれた後の生活リズムの変化に加えて、自分の目の届かないところに子供がいる不安などから心身にストレスがかかります。そのため働く時間の免除など、子育て初期の負担を減らすための免除制度がありますので、しっかりと押さえておきましょう。

時間外労働を抑えたい

時間外労働を抑えたい

職場復帰をするにあたってその人の生活環境によってどれほどの時間働くことができるのかは異なります。家族などのサポートがあって残業をこなすことができるという人は問題ありませんが、多くの人はなかなか長時間の残業は難しいはずです。そのため免除制度の一つに残業の免除をすることができます。
この制度では会社に申請をすることで残業時間を1ヶ月24時間抑えてもらうことが可能です。時間外労働の免除を受けることができる対象者は、小学校入学直前の3月31日まで子供を育てる労働者となっています。そして対象外となる人は働き始めて1年未満の人と、1週間の労働日数が2日以下の人、そして日雇いで働いている人となります。

残業そのものを免除したい

残業そのものを免除したい

保育園にお迎えをする場合には残業すること自体が難しいという人もいると思います。そういう場合には残業そのものを免除してもらうことのできる所定外労働の免除がおすすめです。この制度は対象者が会社に申請をすることで残業そのものを免除してもらうことが可能です。
所定外労働の免除には3歳の誕生日の前々日までに子供を育てる労働者が対象となっています。対象から外れる人は働き始めて1年未満の人と、1週間の労働日数が2日以下の人、そして日雇いで働く人となっています。時間外労働の免除と所定外労働の免除はよく似ていますが、時間外労働の免除は残業を抑える制度、所定外労働の免除は残業そのものを免除してもらう制度と覚えておきましょう。

深夜の労働を制限

深夜の労働を制限

仕事内容によっては労働時間の一部が午後10時から午前5時になるという人もいると思います。この深夜に働くことは子育て期間と深夜業が重なることで心身に負担をかけてしまうことになるので、深夜業の制限を利用することがおすすめです。
対象者は小学校入学直前の3月31日まで子供を育てる労働者となっています。対象から外れる人は働き始めて1年未満の人と、1週間の労働日数が2日以下の人、そして日雇いで働く人となります。これに加えて働く時間のすべてが深夜業の人と保育ができる16歳以上の同居家族がいる場合は対象外となります。

両立に悩む女性におすすめの記事!

  • 女性におすすめ!仕事の探し方
    女性におすすめ!仕事の探し方

    職場によって仕事と育児の両立のしやすさは大きく異なります。育児に対して協力的な職場でなければ両立はかなり難しくなってしまいますので、協力的な職場の探し方を知っておきましょう。

    続きを読む
  • 男女関係なく取得可能!育児休業
    男女関係なく取得可能!育児休業

    育児休業は男性も女性も条件を満たしていれば誰でも取得することのできる休暇です。育児休業の取得は仕事と育児の両立の基本ですのでしっかりと押さえておきましょう。

    続きを読む
  • 目が離せない!0歳~3歳の育児の苦労
    目が離せない!0歳~3歳の育児の苦労

    0歳から3歳の育児は我が子のとても可愛らしい姿を見ることもできますが、その分目が離せない頃なのでとても苦労が多い時期です。0歳から3歳の育児の苦労を紹介します。

    続きを読む
特集メニュー